頚管障害の症状と治療

不妊治療(原因や治療法)

頚管障害について

卵管障害ではつまったり狭くなったりしている卵管を開通させます。女性の不妊治療・卵管障害の症状と治療について紹介していきます。
頚管粘液の分泌不全

精子が必ず通過する子宮頚管に問題があって、精子が通過できなかったり、通過しにくい状態になっています。おもな原因は以下の二つです

抗精子抗体

抗精子抗体人体の持つ「免疫機能」は、外部からの異物の進入を阻止し、からだを守ろうとしますが、これが精子に働いてしまうのが抗精子抗体です。
普通、女性のからだは男性の精子に対しての抗体をつくりませんが、なかには、外傷や頻回に行われた人工授精などで抗体がつくられる人もいて、子宮頚管から出る粘液に抗体が飲まれています。すると、精子は子宮頚管を通る際にこの粘液に触れ、粘液内の抗体に行く手を阻まれてしまいます。
また、この場を通り抜けられたとしても、今度は卵管液にある抗体にじゃまされ、どちらにしても受精することはできないのです。このようなケースでは、体外受精が効果的です。体外受精であれば、子宮頚管の通過も、卵管での受精もないので、抗体の影響を最小限に抑えることができます。
治療

普段の性交渉ではコンドームで避妊をして抗体を弱め、ステロイド(副腎皮質ホルモン)を用いて抗体の生産を抑制し、人工授精や体外受精を行うという方法が一般的です。このケースでは、精子が女性の体内に触れる時間が短いほど、妊娠の可能性が高まります。

頚管粘液不全

普通、頚管粘液は排卵期に増え、外部から精子の進入を助ける働きをしていますが、この粘液が増加しない場合が頚管粘液不全です。原因としては、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌障害や頚管に炎症がある場合があります。
治療

ホルモン分泌障害の場合にはホルモン剤で、炎症がある場合には抗生物質で治療します。また、男性の精液の中に白血球が多く含まれる膿精子症という病気の際には、精子が頚管内を通れずに死滅してしまいます。この場合も抗生物質の投与で治療します。
流産の主な原因にも…

妊娠はするが出産ができない状態を「不育症」といいます。また、続けて3回以上自然流産をくり返す場合は、「習慣流産」と呼ばれ、検査や治療が必要になります。

頚管無力症

子宮頚管は非常に弾力があり、ふつうは子宮内部から胎児が外に出ないように締まっていますが、子宮頚管に力がなくて締まりにくくなっている状態を「頚管無力症」といって、妊娠中期妊娠5か月7か月)以降、胎児が大きくなるとそれを支えきれずに流産してしまうことがあります。
治療

子宮頚管無力症は、妊娠中に受ける内診や超音波検査でみつけることができます。子宮口が開きはじめたばかりであれば、子宮頚管をしぼる頚管縫縮術がほどこされます。

スポンサードリンク

ページの先頭へ