不妊・冷え性改善(冷えによる不妊と漢方)

不妊治療(原因や治療法)

不妊・冷え性改善

体本来の機能を低下させる冷え症は漢方の考え方でいえば、不妊のいちばんの原因になります。
不妊と冷え性の関係

冷え症は体本来の機能を低下させる

不妊と冷え症漢方の考え方でいえば、不妊のいちばんの原因は冷え症です。体が冷えることにより、血液の流れは低下していきます。血液は、個々の臓器に栄養と酸素を与え、老廃物や二酸化炭素をとり除く大切な働きをしています。血液の流れが低下すれば、栄養や酸素を与えられず、老廃物がたまると臓器の機能は低下してしまいます。冷えは人間本来の体の機能を低下させてしまいます。
特に下半身は上半身にくらべて冷えやすく、子宮・卵巣は体の中で最も冷えの影響を受けやすい場所です。子宮や卵巣の機能が低下すると、生理不順や生理痛などが起こります。漢方では卵巣機能不全黄体機能不全などの機能的な不妊も、冷え性による子宮・卵巣の機能の低下が原因だと考えられています。

冷え症になりやすい現代の生活

エアコンも冷え症の原因に冷え症の人がたいへん多くなっています。それは現代の生活が、衣食住すべてにわたって体を冷やしやすいことに関係しているからです。子どものころから、一年を通して冷たいものを飲んだり、食べたり。さらに、冷房、ミニスカート、ダイエットなど、体を冷やす要素はたくさんあります。
また、女性の体は、熱の生産が高い筋肉が少ないこともあり、男性より冷え症になりやすくなっています。漢方の不妊治療は、まずこの冷えの改善から始まります。子宮・卵巣を温め、本来の排卵・生理の状態をとり戻すのです。そのためには、薬を服用するだけでなく、食生活など生活そのものに注意をはらっていかなければなりません。

冷え症の症状

冷え症の人には自覚のない人も多いです。冷えの症状として出やすいのは以下のようなものです。チェックしてみましょう。

●夏のデパートなどで、冷房に疲れてしまう。 
●生理のときの血が水っぽい。
●手先、足先が冷える。
●便秘下痢を繰り返す。
●冬場に肌が乾燥する。
●冷えたときや、夫婦関係のあとに腹痛がある。
●トイレが近い

冷え性の改善方法

冷え症によく使用される漢方薬

当帰芍薬散

手足が冷たく、月経不順や月経痛などの女性ホルモンのトラブルがある人に向きます。だるさや疲れがなかなかとれず、頭痛やめまいがあるようなタイプにも効果的です。

当帰四逆湯

体質が虚弱で冷え性の人に向く漢方薬です。
しもやけ下腹部痛、腰痛、下痢、月経痛に対しても効果があります。

当帰四逆加呉朱萸生姜湯

手足の冷えや下半身に冷えを感じる虚弱体質の人に向きます。とくに下半身の冷えにともなって、月経(生理)痛や、下腹部痛、腰痛、頭痛などがあって、だるくてつらい場合にも効果があります。

清心蓮子飲

尿路の熱や腫れをひき、また痛みやわらげ、尿の出をよくします。頻尿、残尿感、排尿痛などの排尿異常があり、全身倦怠感、胃腸虚弱、冷え症、神経過敏に効果があります。

温経湯

手足に冷えだけでなくほてりがある人や、足や腰に強い冷えを感じる人、冷えやほてりにともなって月経不順や月経痛がある人にも向きます。また、ストレスなどで不眠状態の人の神経を落ち着かせる効果もあります。

食事と生活習慣の改善

冷え症を改善するために漢方薬を正しく服用することはもちろん大切ですが、その効果をさらに増すために、ふだんの生活にも自分なりの努力や工夫が必要になります。まず、冷たいもの、なま物、余分な水分をとらないというように食生活を見直しましょう。そして、体を冷やさない生活を習慣づけましょう。

足元を温める

足元を温める冷えは足元から上がってきます。まず足首が冷え、膝が冷え、太もも、下腹部という順に冷えてきます。なので、冷えの予防として足元を温めることはとても重要です。暖房は足元から温める床暖房やホットカーペットがいいでしょう。冬場、足が冷たくて寝つけないときはがまんせず電気アンカなどを入れたり、靴下をはいて寝るようにしましょう。
足が冷たいまま寝てしまった場合、最後には体全体が冷えてしいます。また、テレビなどを見ながら足湯をするのも冷え症の改善に効果的です。

運動をする

女性はもともと男性にくらべて筋肉量が少なく、そのため筋肉での熱生産量が少なめです。これを補うため、ストレッチや軽いジョギング、ウォーキングなどの運動が大事になってきます。特にダンベル体操は筋肉をふやし、体の熱生産量を高めるので、冷え症の人にはぜひとり入れてほしい運動です。

入浴で体を温める

冷え症の入浴法1年を通して、浴槽につかって体を温めるようにしましょう。夏はシャワーですます人も多いのですが、夏の冷房で冷えきった体は、シャワーだけでは温まりません。
入浴するときは半身浴がおすすめです。熱いお湯では、長くつかっていられないので体の芯まで温まりません。38~40度くらいのお湯に、心臓の負担にならないよう、胸から下だけつかります。つかる時間は20~30分(夏なら10~20分)くらいがいいでしょう。体を芯から温めて、子宮、卵巣のきを向上させましょう。お湯から出ている肩が寒く感じるときは、肩にタオルなどをかけてください。

衣服に注意する

流行のファッションに惑わされて、体を冷やすような服を着るのはやめましょう。流行のものでも、毛糸のパンツや腹巻きなどは、下腹部を冷やさないために、どんどん活用ましょう。

スポンサードリンク

ページの先頭へ