子宮内膜症の症状と治療(女性不妊)

不妊治療(原因や治療法)

子宮内膜症

子宮内膜症は、子宮の内腔にビロードのように張りめぐらされている、子宮内膜組織が、子宮内腔以外のところで増殖し続ける進行性の病気です。
子宮内膜症の特徴

子宮内膜症図解

子宮内膜症の症状

子宮内膜症の症状ふつう、女性の体は、生理が終わると子宮内膜が次第に増殖して厚くなり、着床に向けての準備をします。そして、受精が成立しなければ、子宮内膜ははがれ落ち、生理として体の外へ押し出されます。しかし、本来子宮内にあるべき子宮内膜が、腹膜や卵巣など、場違いなところで増殖してしまうことがあります。これが子宮内膜症です。こうして増殖した子宮内膜は体外に排出されず、その場に留まってしまいます。さらに厄介なことに、この取り残された子宮内膜が周囲の臓器と癒着し、炎症を起こしてしまうことです。このため、この病気には、腹痛生理痛(月経困難症)性交痛などの症状がともないます。
また、子宮内膜症による癒着や炎症は、子宮後屈や卵管の通過障害を引き起こし、さらに、受精障害にも関係しているのではないかとも考えられています。これらが不妊の原因となっています。

子宮内膜症の治療

腹腔鏡検査図解子宮内膜症の治療にはどんな選択肢があるのでしょう?本当は、妊娠するのが最良の自然治療です。妊娠すればしばらくの間生理がなくなり、場違いなところにできた子宮内膜が増殖することもなくなります。しかし、子宮内膜症があるとなかなか妊娠しにくいものです。
このため、治療では一時的に生理を止める方法がとられます。これには、偽閉経治療法男性ホルモン剤の投与などがあります。偽閉経治療法は、薬で女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を抑え、人為的に閉経状態をつくるものです。女性ホルモンの分泌を抑える薬には、いくつか副作用があるうえ、長期に使用すると骨量が減少するということもあり、この治療は6カ月を限度に行われています。
また、男性ホルモン剤を投与する治療法にも副作用があり、体毛が濃くなる、声が低くなるなどの男性化現象が起こったり、軽い肝機能障害が起こったりします。そこで注目されるのが、腹腔鏡による外科的治療です。これは腹腔鏡でおなかの中を観察しながら癒着部分をはがしていくものです。
この治療法なら卵管采の形の異常なども同時に治療することが可能です。また、おなかを洗浄することで妊娠率が上がるという報告もあります。

スポンサードリンク

ページの先頭へ