不妊治療と漢方療法(統合医療)

不妊治療(原因や治療法)

漢方療法(統合医療)

西洋医学の得意な不妊、漢方の得意な不妊があります。西洋医学と東洋医学の持つ優れた特色を、それぞれ生かした治療を『統合医療』といいます。
統合医療の考え方

原因のわかる不妊は西洋医学で

体外受精の方法図形妊娠しないのには何か原因があるはずです。西洋医学では何が原因なのか、さまざまな検査をすることで見つけ出し、それに対応する最良の処置を施していきます。
ホルモンの分泌が少なければ薬や注射でホルモンを調整し、排卵がないのであれば排卵誘発剤を処方する。卵管が狭かったり、ふさがっている場合には、卵管の通りをよくする治療をし、精子と卵子の結合がうまくいかないのであれば、体外受精という方法を選ぶなど、原因そのものを治療する局部治療が西洋医学の治療法です。医療技術の進歩などにより、その治療で妊娠し、出産する女性の数も増えてきています。西洋医学は、具体的な原因がある症状に対して、おおむね良好な治療結果を発揮します。

原因不明の不妊は漢方で

漢方は全身を診るしかし、一方で夫婦ともになんの問題もないはずなのに、どうしても子宝に恵まれないという不妊を訴える人が全体の3割もいます。西洋医学では、不妊となればどうしても子宮・卵巣を中心とした、子どもが実際にはぐくまれる場所を治療対象の範囲としてしまいます。そこで、子宮・卵巣をとり巻く大きな環境の問題までは見つけ出すことができなくなってしまいます。そうして、原因がわからなければ、いつまでも的確な処置を施してもらえないままに、検査を繰り返すことになります。
漢方では、不妊の原因を子宮・卵巣だではなく体全体の状態をみます。その結果、たとえば胃腸からの栄養が十分に届かないことによって子宮・卵巣の状態がよくないのだろうと診断すれば、まずは胃腸という弱点を治し、体の環境をととのえていく、という治療法をとります。つまり、母体全体にポイントをおいて治療していく方法です。

母体をととのえて自然妊娠を

漢方の不妊治療をして妊娠する人の多くはは漢方薬のみでの自然妊娠になります。漢方の不妊治療とは、子宮・卵巣を赤ちゃんのできやすい環境にすること、元気な赤ちゃんを産むため、母体をととのえ、つくることです。それは、自分自身の力で子どもを持てるのだと信じるところから始まります。

漢方でみる不妊のタイプ

虚弱体質で貧血タイプ

当帰芍薬散などが処方されます。貧血ぎみで、めまいや立ちくらみを起こす人などがこのタイプです。

足腰が冷え、腹部が痛むタイプ

当帰四逆湯当帰四逆加呉朱萸生姜湯などが処方されます。症状は強い手足の冷え、生理痛など。

胃腸が弱いタイプ

六君子湯安中散小建中湯などが処方されます。食欲不振、胃痛、下痢などの症状のある人。

 中肉中背で瘀血タイプ

桂枝萩苓丸料などが処方されます。瘀血がみられる人。冷えのぼせや肩こり、便秘、にきびなどが症状があります。

中肉中背でガス腹タイプ

折衝飲などが処方されます。下腹部にガスが張りやすい人。生理痛や性交痛などが症状があります。

みずおちから脇腹が張るタイプ

大柴胡湯大柴胡湯合桂枝茨苓丸料などが処方されます。脂肪太りの人などがこのタイプです。

余分な水分が多いタイプ

防已黄耆湯などが処方されます。汗かきや足がむくみやすい人、水太りの人などがこのタイプです。

その他のタイプ

さまざまなタイプ、数段階の治療を必要とするタイプです。

スポンサードリンク

ページの先頭へ