男性の不妊治療(原因と治療法)

不妊治療(原因や治療法)

男性の不妊治療

男性の不妊は精子の製造部分の原因がほとんどですが、性機能障害もあります。また、心理的ストレスが原因となることもあり、手術が有効な障害もあります。
精子形成障害

精子形成障害写真男性の不妊原因の約八割は精巣(睾丸)、つまり精子を製造する部分そのものにあるといわれています。そのほか、精子の輸送経路に障害がある場合、性交渉への障害(性機能障害)などが不妊原因になります。
精子形成障害は、精子をつくる機能がうまく働かず、精子がまったくつくられていなかったり、数が少ない、連動率がわるいなどの問題が起こります。原因の多くは不明で、現在のところ、治療には漢方薬やホルモン剤を使用した薬物療法が多く行われています。

無精子症

無精子症写真精液の中に精子がまったくいない状態です。この場合、精管がつまっている可能性があるので、精巣精管造影を行って、精管の通り具合を調べます。これでつまりが見つかれば、つまった部分(精管閉塞)を取のぞり除く手術をします。また、染色体検査精巣生検なども行われます。
無精子症の場合でも、精巣上体や精巣の中に精子がいれば、この精子を使って顕微授精することも可能です。

奇形精子症

精液中の正常形態精子が全体の30%に満たない場合です。正常形態精子が少ないということは、奇形精子が多いということになり、奇形精子が多ければ多いほど妊娠率は低くなります。精子の奇形を治す治療法はなく、奇形以外の精子を使用した体外受精や顕微授精を行うケースがほとんどです。ちなみに、奇形精子には受精能力がないため、奇形精子症だからといって奇形児が生まれる可能性が高いということはありません。

精子無力症

精子無力症精子の運動率がわるく、きちんと運動できる精子が全体の50%未満しかいない状態です。精子には、卵子のところへ到達し、卵子の殻を破って受精するという重要な役割がありますが、運動率がわるいとこれらの作業をこなせず、受精することができなくなります。原因は多くが先天的なものですが、後天的なものとしては、おたふくかぜや高熱による精巣(睾丸)の炎症、膿精子症の原因ともなる前立腺の炎症、精索静脈瘤などです。
治療

現在のところ薬物療法がおもな治療法で、ほかにはあまり画期的な治療法はありません。そのため顕微授精に進むケースが多いと考えたほうがよいかもしれません。

乏精子症

WHO(世界保健機関)の定義によると、精液1mℓ中の精子数2000万個以下という状態を乏精子症といいます。
治療

症状が軽度で、精子の数が比較的多い場合には、薬物療法やタイミング指導を行いながら、経過に応じて人工授精AIH配偶者間人工授精)を試みますが、重度の乏精子症では薬物療法の効果が期待できないために、体外受精や顕微授精を行います。

膿精子症

精子無力症の大きな原因のひとつで、精液中に増加した白血球が、精子を不動化したり、精子の受精能力を低下させたりします。なぜ精液中に白血球が増加するのか、不明な場合が多いですが、前立腺や精囊の炎症が原因となっていることもあります。
治療

炎症を治療する抗生物質や漢方薬を投与します。

精索静脈瘤

精巣から腎臓へ向かう静脈の弁がうまく機能せず、血流がとどこおるために精囊の温度が上がり、精子が死んだり連動率がわるくなったりする病気です。陰囊の表面部にコブ(痛)のようなものができるのが特徴ですが、このコプは、ほとんどが左側にできます。
治療

治療には手術が必要ですが、手術をしても精子の状態が完全に回復するとはいいきれません。そのため年齢的なことなど、ほかにも問題を抱えている場合には、人工授精や手術をせずに、体外受精顕微授精に踏みきるケースもあります。

染色体異常

無精子症精子無力症乏精子症などの原因となる染色体異常には、異常自体を治す治療法がありません。この場合、人工授精体外受精顕微授精のいずれかを行うことになります。また、男の子には、精子の染色体異常の遺伝子が父親から受け継がれる可能性があります。
その他の障害

精子通路障害

精子はつくられているものの、精子の通り道のどこかがつまっていたりして、通りがわるくなっているために、うまく精子が運ばれていない状態をいいます。
原因としては、先天的に精管がない場合(先天性精管欠損)や、小児ヘルニアの手術を受けた際にまちがって精管をしぼられてしまったこと、あるいは外傷や性感染症の後遺症などがあげられます。
治療

自然妊娠を望むなら手術を受けるとよいでしょう。精管の通りがわるくなっている場合には、内精静脈高位結紮術や精路再開術を行えば妊娠も期待できます。しかし、現在では体外授精が一般的になっています。また、先天性精管欠損や広範囲にわたる精路閉塞による無精子症の場合には、精巣(睾丸)から直接精子を取り出して、顕微授精することも可能です。

逆行性射精

射精のときに、精管から膀胱へと精液が逆行してしまうために、精液が女性の腫内に射精されない、もしくは少量しか射精されない状態です。
原因として、前立腺の手術歴や糖尿病などの影響も考えられますが、ほとんどは先天的なものです。
治療

このような状態を改善させる治療方法は、いまのところないため、特殊な方法で回収した精子を使って行う体外受精顕微授精が適応となります。

性機能障害

男性の性機能障害女性のなかには、「男性はだれでも、いつでも性交渉ができる」と思っている方もいるかもしれませんが、しかし、それは間違いです。男性は、ちょっとした心の調子しだいで、性交渉ができなくなってしまうこともあります。それが性機能障害と呼ばれる病気で、現在、不妊男性の約一割にみられています。
多くは心理的なストレスが原因とされていてその背景には、過労、会社での問題、家庭の問題、過去の女性関係、潔癖症など、さまざまな原因があります。障害の程度もさまざまです。勃起が不十分で性交渉に支障があったり(ED勃起障害)、遅漏、女性の腟内で射精できない、性欲がわかないといったケースもみられます。とくに、不妊治療中には、「子づくりのためだけの性交渉」になりがちで、その気が失せるという場合も多いようです。
治療

性機能障害を専門にしている泌尿器科の医師に相談されるとよいでしょう。また、カウンセリングを受けて、よく話を聞いてもらい、ストレスになっているものを見つけて、これを除去するように工夫したり、漢方による薬物療法などで状態を改善させたりするのも有効です。

スポンサードリンク

ページの先頭へ