卵管障害の症状と治療

不妊治療(原因や治療法)

卵管障害について

卵管障害ではつまったり狭くなったりしている卵管を開通させます。女性の不妊治療・卵管障害の症状と治療について紹介していきます。
卵管障害の検査と治療

卵管造影検査で卵管の状態を調べる

女性生殖器図解

卵管は精子や卵子の通り道であり、受精したあとには受精卵の通り道となる、たいせつな部分ですが、非常に細いために、ちょっとした炎症や分泌物の影響などで狭くなったり、つまりやすくなったりしています。卵管は左右に一本ずつ、計二本ありますから、どちらか1本だけでも通っていれば、理論的には妊娠は可能です。しかしより妊娠しやすい状態をつくるために、防塞が片側だけでも治療をする場合があります。
卵管が狭い、もしくはつまっているなど、卵管の通り具合を調べるには、卵管造影検査を行います。これは子宮から卵管へ造影剤を流し、そのうえでX線撮影を行うものです。
この検査で卵管のつまりなどが確認できたら、通気検査や速水検査で、卵管内部の圧力を調べたり、内部を広げたりします(通気・通水検査)。左右どちらか問題のある卵管のみを調べたり、治療することができる「選択的卵管造影検査」も有効です。
また、最近では子宮から卵管鏡という細い内視鏡を入れて、卵管内のつまりを治す治療法(卵管鏡下手術)が注目されています。これらの方法でも治療が難しい場合には、顕微鏡下での手術(マイクロサージェリー)も行われます。しかし、治療や手術によって卵管が開通しても、すぐに妊娠できるというわけではありません。そのため、年齢的な余裕がないなどの理由で、治療に多くの時間がかけられないという場合には、手術をせずに体外受精に踏み切るケースもあります。
卵管障害の検査と治療

クラミジア

クラミジア性感染症の一種で、性交渉によって感染します。感染すると子宮頚管から子宮内膜、そして卵管へと炎症が広がり、卵管が狭くなったり、癒着してつまったりします。この病気の最大の問題は、自覚症状がまったてないという点です。性交渉のパートナーから感染したにもかかわらず、男女どちらとも自覚症状がないため、お互いに感染したことにまったく気づかないまま、さらに感染を広げてしまいます。
特に若い世代での感染者が多く、不妊を疑って来院した患者さんのなかにも「知らず知らずのうちに感染していた」という人が少なくありません。
治療

抗生物質を2週間ほど服用するだけで治ります。しかしこの際、かならずパートナーもいっしょに治すことが重要になります。自分一人だけが治療を受けて完治したとしても、またパートナーからうつってしまうからです。

子宮内膜症

子宮内膜症子宮の内膜は、受粁した受精卵のために毎月内膜を厚くしたり、はがして体外に排出したり(生理)しています。この内膜の細胞が子宮内以外の部分にくっつくと、その部分で内膜の細胞が「増姐⇒剥離」という、生理のメカニズムと同じ作業をくり返します。これが子宮内膜症です。
内膜の細胞がくっつく場所は、卵管や卵巣、腹膜、子宮筋層、膀胱、腟、直腸など、さまざまです。子宮筋層にくっつく場合を内性子宮内膜症(子宮腺筋症)と呼び、それ以外の場合を外性子宮内膜症と呼んでいます。
内膜の細胞が、癒着した場所で増殖や剥離を起こすと、内出血した血液がのりのような役割をし、内部を癒着させたり、血液がたまって腫瘍になったりします。子宮内膜症が進行すると、卵巣内に血液がたまり、チョコレートのような内容液が卵巣を大きくし、やがては排卵を止めてしまいます(チョコレート囊腫)。
治療

子宮内膜症の一般的な治療法としては、エストロゲンの分泌を抑えるホルモン剤を、経口投与、もしくは注射して生理を四~六か月止め、生理とともに活発化する内膜の活動を抑えます。

ピックアップ障害

卵管のいちばん先端にある卵管采という部分が、排卵した卵子を卵管内に取り込めない状態をいいます。原因ははっきりわかっていませんが、卵管采は、精神的なストレスの影響を受けやすいとも考えられています。

卵管水腫

卵管采がなんらかの原因で閉塞し、そこに分泌物などがたまり水腫となっている状態をいいます。
治療

閉塞した卵管采を切り開き、卵管采を人工的につくる手術(卵管開口術)を行うか、体外受精を受けるか、どちらかの方法が選択されます。

スポンサードリンク

ページの先頭へ