女性の不妊(原因と治療法)

不妊治療(原因や治療法)

女性の不妊治療

女性の不妊治療の場合、種々の検査で不妊の原因を特定し、それに合った治療を行います。
女性不妊の原因と治療

不妊原因のポイントは四つ

女性の場合、不妊症のおもな原因となるポイントは、1.排卵障害、2.卵管障害、3.着床障害、4.頚管障害の四つになります。どれも、妊娠する際のプロセスのどこかに異常があるために、妊娠しにくくなっています。

排卵について

排卵写真排卵は、卵巣から成熟した卵子が出てくる現象です。生理の頃になると、卵巣内では1度に約20個の卵胞が成長を始め、そのなかから1つだけが選ばれて主席卵胞になり、排卵を待ちます。
しかし、「卵胞を成長させなさい!」という脳からの命令を伝える性腺刺激ホルモンや、「卵胞が成熟した!」というサインを脳に伝える卵胞ホルモン、卵巣に「排卵してもいいですよ」という命令を伝える黄体化ホルモンなどの分泌に異常があると、排卵が起こらなくなります。また、基礎体温が低温期と高温期の二相性をきちんと示しているのに、排卵が起こらない場合もあります(黄体化未破裂卵胞LUF)。これが排卵障害で、不妊症の原因の約30%を占めています。精子と受精する卵子が排卵されないので、妊娠は望めません。
排卵障害の治療法

この場合、治療の中心は、排卵静発剤を用いた薬物療法が選択されます。卵管障害やその他の治療に比べると、治療成績もかなりよいものとなっています。

受精について

排卵された卵子は、卵管の先にある、人の手のような形をした卵管采から卵管内に取り込まれ、卵管内の壁面に生えた繊毛におされるようにしていちばん広い卵管膨大部に移動し、ここで精子を待ちます。
しかし、卵管はとても細いために、ちょっとした炎症や分泌物などの影響で、内腔が狭くなってしまったり、つまってしまうことがあります。卵管内が狭窄したり、閉塞してしまっていては卵子は通り抜けられず、精子との受精ができなくなってしまいます。これが卵管障害で、不妊原因のトップにあげられます。卵管造影検査などで異常が発見されたら、通気検査や通水検査と同様の手順で行われる通気法や通水法など、手術以外の方法で卵管のつまりを改善させる保存的療法や、手術療法が選択されます。頚管障害

頚管障害一方、女性の隊内で射精された精子は、腔と子宮の境にある子宮口をとおって子宮に入り、いちばん奥のもっとも幅が広くなっている子宮低から、両側に続く卵管に入り、卵子の待つ卵管膨大部に進みます。子宮口に近い子宮の下半分の細い部分を子宮頚部といい、腔の中に突き出ています。子宮頚部の内腔は子宮頚管と呼ばれ、ここから頚管粘液が腔内に分泌されています。
通常、腔内は酸性に保たれているため、精子は長時間生存することができませんが、排卵期になると頚管粘液は酸性からアルカリ性に変化し、量も増えて精子が頚管内に入り込むのを助けます。しかし、排卵期になっても頚管粘液の分泌量が少なかったり、アルカリ性に変化しなかったりすると、精子は頚管内に進入できなくなってしまいます。また、頚管内にできものがあったり、内腔自体が狭くなっていると、やはり精子は子宮内に進入できません。また、男性の精子に対して、女性に抗精子抗体というものができてしまい、精子を異物とみなして頚管粘液が殺してしまうこともあります。これらを頚管障害といいます。精子は子宮にすら入ることができないので、到底卵子との受精も望めません。
治療

この場合、子宮頚管の器質的な異常が問題となる場合と、頚管粘液の分泌異常など機能的な異常が問題となっている場合では治療法が異なります。
頚管内腔が狭くなっているなどの器質的な異常が問題となる場合には、麻酔をかけて子宮頚管の内腔を広げる処置をほどこします。機能的昇常が問題となる場合には、ホルモン補充療法や抗生扮質の投与など、薬物療法が選択されます。抗精子抗体が原因の場合には、人工授精、もしくは体外受精が一般的です。

着床について

成熟した卵胞からはエストロゲン(卵胞ホルモン)が分泌され、子宮に働きかけて子宮内膜を厚くし、受精卵を受け入れる準備を整えます。そして排卵が起こると、卵巣では卵子が飛び出したあとの卵胞からプロゲステロン(黄体ホルモン)が分泌されて、子宮に排卵があったことを伝え、これを受けた子宮では、子宮内膜をさらに厚くして受精卵を待ちます。
着床障害

子宮内膜症図解

子宮の形や位置の先天的な異常や、子宮内膜症などの病気や炎症があったり、子宮内膜を厚くさせるホルモンの分泌異常があると、子宮内脱の環境が整わず、受精卵は着床できずに流れてしまう為、受精は起こったとしても妊娠は成立できません。これが着床障害です。この場合も頚管障害と同じように器賢的な異常と機能的な異常とで、治療方法が異なります。
治療

子宮の器質的な異常には、子宮奇形、内膜炎、筋腫、子宮腔内の癒着などがありますが、内膜炎以外はほとんどが手術療法の適応となります。子宮の機能とは、受精卵の着床に最適な環境をつくるための内膜の働きをいいます。視床下部⇒下垂体⇒EやPなどのホルモンによって、子宮内膜に周期的な変化をもたらします。機能的異常とは、この流れのどこかに異常があってホルモンバランスがくずれるために起こるので、漢方薬を併用したり、不足するホルモンを補うためのホルモン療法などで治療をします。

スポンサードリンク

ページの先頭へ