不妊治療(原因や治療法)

男性の体のしくみ


男性性器の働きはシンプルで、精子をつくり貯蔵し腟内に送り込む役割を担っています。男性の体のしくみ(男性性器)について図解と一緒に紹介していきます。
男性の性のしくみ

男性生殖器図解
男性の性器が性にかかわる役割は、精子をつくり、それを女性の腟内に送り込むといったシンプルなものです。妊娠で欠かせない重要な役割を泉たすのは、女性の卵子とともに男性の精子です。人間の精子は、長さが約0.06mで、丸い頭部と頚部、尾部でできていて、オタマジャクシのような形です。
陰茎から腟に射精された精液中の精子が、卵子とうまくめぐり会えて受精卵となれば、これが赤ちゃん誕生のもとになります。男性性器には、女性性器ほどホルモンに支配された周期的な変化はありません。 下垂体ホルモン卵胞刺激ホルモンで精子がつくられ、 黄体化ホルモンで男性ホルモンがつくられる程度です。
男性生殖器図解
男性性器

陰茎

性交渉のとき腟内に挿入して射精し、精液を注入します。性的興奮のないときには、長さ10cm前後で、下にたれ下がっていますが、性的な刺激を受けると、陰茎を包む陰茎海綿体と尿道海錦体が充血して、陰茎は太く硬くなります。これが勃起です。勃起した陰茎は、腟に挿入できる性交器となります。

精巣(睾丸)

精巣(睾丸)は陰囊の中にある2個の卵形の器官で、右側の精巣より左側が、少し下の位置にあります。精子をつくり、男性ホルモンを分泌します。女性の卵巣に相当する器官です。無数にある未熟な精粗細胞は、約70日で成熟した精子に成長します。精巣は後ろの縁で精巣上体や精管につながっています。

精巣上体(副睾丸)

精巣上体(副睾丸)は精巣の後ろにある精子の貯蔵庫であり、また、精子を成熟させる場所です。精子はここで栄養を摂取して成熟し、受精能力を持つようになります。射精の機会があれば排出されますが、機会がなければ、そのまま保存されます。

陰囊

陰茎を包んでいる皮膚状の袋で、左右2個の精巣を収容し、体外に出ています。陰囊の表面積は拡張して、熟の拡散をはかりますが、これは、高温になると精巣での精子の生産状態がわるくなるので、いつでも腹腔より低い温度を保つためです。

精管

精子の通り道で、精巣上体から出て勝胱の下で尿道と合流します。途中の膨大部では精子をたくわえるといわれますが、その先は精囊の排出管といっしょになって射精管となります。

精囊

精巣上体が精子でいっぱいになると、精子は精管を通って精囊に送られ、ここで射精のときを待ちます。一見、精液をたくわえるところのようにみえますが、その重要な役割は、血液中のブドウ糖から果糖をつくり、これを精子に与えてエネルギーを注入することです。射精された精液がゼリー状をしているのは、精囊の分泌物のためです。

前立腺

栗の実のような形をし、大部分は尿道の後方に、一部は前方にあって尿道を囲んでいる分泌腺です。射精のとき、分泌液を排出管に押し出します。分泌物は、乳白色で特有のにおいがあり、精液の80%を占めています。精子はこの分泌物に触れると刺激されて、運動性が高くなります。

尿道

膀胱から陰茎の先端に開口する管で、途中で射精管と合流します。ふだんは尿の通路ですが、射精するときは精液の通路となります。

クーパー腺

尿道海綿体の後部に一対の腺と開口部があります。性交渉時に粘液を分泌します。